FC2ブログ

想い出

今回も、自分用の雑文です。

面白いコトは書いてませんので、 いつも書いてませんがw アシカラズwww 





って、前にも書いた気がw










そこに行けば、いつでも、いつまでも見られるものだと思っていました。

20160911_0002280.jpg

そんな事が無理なのは、小学生でも分かる話で、

20160911_0751100.jpg

40を過ぎたオッサンが、嫌だ嫌だとジタバタしても、

KIMG0366.jpg

川は変わらず流れるもので。

KIMG0368.jpg

記憶の中にあるモノと、随分変わった景色を見て、

KIMG0370.jpg

泣きそうになってしまうのは何故だろう。

KIMG0371.jpg

泣くのを我慢してしまうのは何故だろう。

KIMG0373.jpg

それはきっと、

KIMG0374.jpg

大人になったからではなく、

KIMG0375.jpg

変わってしまった景色が悲しむからなんだろうな。










KIMG0376.jpg

昔ココには「子供の国」という遊園地がありました。

親に連れられよく遊びに行きました。

入園料は無く、チケットを買って乗りたい遊具に乗る小さい遊園地でした。



小学生の高学年になってくると一人で遊びに行ったり、

中学生の時はデート(w)らしきモノで行ったりしました。

高校生になると行動範囲がひろがり、行く機会がないまま卒業、上京。

いつの間にか「円山動物園」に移転し、いつの間にか閉鎖していました。



KIMG0377.jpg

この「豊平館」という建物。

KIMG0378.jpg

何度もこの前を歩いたハズですが、

KIMG0379.jpg

今迄全く視界に入っておらず、今回初めて見ました。










KIMG0380.jpg

ゲンコツが痛かった。

KIMG0382.jpg

沢山叱られました。

KIMG0384.jpg

でも想い出す顔は、

KIMG0385.jpg

全てが笑顔です。















2人の友人にとても助けて貰いました。



2人とも、忙しい仕事の中や、プライベートの楽しい時間を削り、僕を気遣ってくれました。

僕の身体を心配してくれました。



細かい事は何も聞かずに、いつも通りのバカな話。

気休めのような慰めは言わずに、いつも通りの下ネタ話。

普段と何も変わらない、いつも通りのたわいのない話。



僕の心に寄り添う様にしてくれた2人の気遣いがとても嬉しく、ありがたく甘えさせて頂きました。





お陰で自分でもびっくりするぐらい冷静に受け入れられました。










恐らくこの先、想像通りになると思いますが、諦めません。





諦めません。





諦めません。










誰も諦めていません。






スポンサーサイト



プロフィール

+ひかり

Author:+ひかり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR